THIS IS US 36歳、これから シーズン1 第3話「秘密」

ケヴィン・ピアソン(ジャスティン・ハートリー):高橋一生
ランダル・ピアソン(スターリング・K・ブラウン):杉村憲司
ケイト・ピアソン(クリッシー・メッツ):林りんこ

レベッカ・ピアソン(マンディ・ムーア):園崎未恵
ジャック・ピアソン(マイロ・ヴェンティミリア):宮内敦士

ベス・ピアソン(スーザン・ケレチ・ワトソン):木下紗華
トビー・デイモン(クリス・サリヴァン):遠藤純一
ウィリアム・ヒル(ロン・シーファス・ジョーンズ):水野龍司
テス・ピアソン(エリス・ベイカー):宇山玲加
アニー・ピアソン(フェイス・ハーマン):小堀幸
ミゲル(ジョン・ウエルタス):西村太佑

(ドクター・ネイサン・カタウスキー(ジェラルド・マクレイニー):)佐々木省三
山本格
鷄冠井美智子
佐々木薫
野川雅史

日本語版制作スタッフ
翻訳:野口尊子
演出:佐々木由香
音声:中倉泉
プロデューサー:江坂侑子
配給:20世紀フォックス テレビジョン/NBCユニバーサル

邦題:THIS IS US 36歳、これから シーズン1 第3話「秘密」
原題:THIS IS US S01-03 Kyle

ゲスト出演メモ&元ネタメモ

今回はメジャーなタイトル『ゲーム・オブ・スローンズ』、『ジェイソン・モモア』、『セス・グリーン』の名前が登場しましたね。ハリウッドを土壌にしていたケヴィンらしい(自分はマイナーなテレビ俳優だけど、もっとメジャーな存在と思いながら名前を使っている可能性もあるかも)。
ランダルの名前の元ネタであるダドリー・ランダルは、アフリカ系アメリカ人の詩人(1914-2000)で、ブロードサイド・プレスという出版社の編集者を行っていた中、マルコムXなどの時代背景もあり、詩人として活動を行い、黒人アートの変革に関与した人物の1人であったようです。年歴は英語版Wikipediaを読む範囲でわかった部分で、日本では邦訳されていないため残念ながらどんな詩人だったのかわかりません。
本作のランダルのセリフやモノローグで元ネタであるダドリー・ランダルの詩の片鱗がちりばめられているらしいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク