山猫は眠らない3 決別の照準(2004)

2018/11/15

スポンサーリンク

トーマス・ベケット(トム・ベレンジャー):安原義人
クアン(バイロン・マン):檀臣幸
ポール・フィネガン(ジョン・ドーマン):菅生隆之
ウィリアム・エイブリー(デニス・アーンド):小島敏彦
(ララビー大尉(トロイ・ウィンブッシュ):)天田益男
シドニー(ジャネッタ・アーネット):野沢由香里
(リチャード・アディス(ウィリアム・ダフィー):)斉藤次郎

トラン(ノーフォン・ブーンヤイ):鈴木正和
(中国人[キング・コブラ](ゴヴィット・ヴァッタナークン):)仲野裕
ニール・フィネガン(ケン・ストレアットカー):川島得愛
カーン・チョイ(ノーマン・ヴィラータム):仲野裕
岡田佐知恵
堀越省之助
宇乃音亜季
白熊寛嗣
御園行洋
渡邊正幸(現:かつまゆう)
片貝薫

日本語版制作スタッフ
演出:春日一伸
翻訳:久布白仁司
調整:伊藤恭介
制作:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

邦題:山猫は眠らない3 決別の照準
原題:SNIPER 3(2004)

謝辞

日本語版キャスト&スタッフについては、「アトリエうたまる」さんの情報を引用しています。

声優メモ-鈴木正和さん編&ゲスト出演メモ

鈴木正和さんは麻薬売人トラン役を演じていました。クアンに拘束され見逃す代わりにミッションの手助けをするはめになり、その結果ベケットの標的であるポール・フィネガンの手下に殺害されてしまいます。
他にも聴いてわかる範囲で役名と声優名を追加していますが、確定情報ではないためかっこ付けにしています。誤りもあるかと思いますので、その際はご指摘ください。
仲野裕さんは聴く限り3人兼役しているような感じでした。3人目はエンディング直前のニュースキャスターの声。
女性声優さんを捕捉できなかったのが残念です。シドニー以外の登場女性はニールの妻もベトナム女警官も娼婦も長台詞が少なく判断が付きにくかったのと、所属事務所に出演履歴がなかったので確認が取れなかったこともあります。
なお本作はビデオグラム版のキャスティングで、テレビ東京の木曜洋画劇場版のキャスティングとは異なります。

ポール・フィネガン役ジョン・ドーマンといえば「OZ/オズ」制作総指揮トム・フォンタナが手がけた「ボルジア 欲望の系譜」(「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」ではないので要注意)のアレクサンデル6世(ロドリーゴ・ボルジア)役「THE WIRE」のウィリアム・ロールズ役、最近では「パーソン・オブ・インタレスト」のロス・ギャリソン上院議員役や「インスティンクト-異常犯罪捜査-」のロジャー・ラインハート役で出演しています。
他にも元子役からスタートし近年ではリメイク版「HAWAII FIVE-0」でダニーの甥にして検視官として登場しているエリック・ルッソ役を演じているアンドリュー・ローレンスがマンゴールド役で出演しています。どこに出ていたのか正直わからなかったのが残念。

0

スポンサーリンク